glossary img

レーマン方式

レーマン方式とは、成功報酬を計算する際、M&A取引で一般的に用いられる方式のこと。
M&Aの取引対象の金額に一定の料率を乗じて計算されるが、M&Aの取引対象の金額が大きくなればその料率が小さくなる。